心をのせたトレーサビリティ 〜 生産流通履歴

« 1838 | メイン| 1839 »

12004

岩手県産八幡平ポークあい ロース
%C6%DA%BC%CB%C9%F7%B7%CA.JPG


ひびき工場から
皆様こんにちは。岩手県の先週は暖かったようですが今週は連日氷点下の予報が出ているようです。週半ばから雪の予報も出ていてちょっと心配しておりましたが、「豚に風邪をひかせないように」と洋野牧場の皆様のきめ細かい温度調整を行っているということを聞き安心しました。牧場の皆様の愛情を充分に受けた豚がどのように育っていくのかが楽しみです。今後ともよろしくお願いします。


店舗販売日 平成27年1月26日

豚肉  生産農場 八幡平洋野牧場

  

【種類】 岩手県産八幡平ポークあい 
【品種】 三元豚
【と畜場】 岩手流通畜産センター(岩手県紫波郡)
【と畜】  検査合格
【カット場】 岩手流通畜産センター(岩手県紫波郡)
【シリアルNo】820571
【ロットNo】02342831366
【ひびき購入日】 平成26年12月18日



コメント (1)

八幡平洋野牧場 大泉です:

本日1/31と月末のため、豚の棚卸の日です。月末は農場の豚の頭数を必ず数えますが、20,000頭もいるので職員は大変な作業です。さて、ここ洋野町は昨日から大雪となっています。外を見ると20〜30僂論僂發辰討い泙后ゆうべは、場長と施設管理部の職員が泊まり込みで除雪作業をしました。除雪しないと、飼料を積んだトラックが農場に入れず、そして職員自体が゛出勤できないからです。しかし、豚舎の中の豚は、今日は土曜日で出荷作業もないため、なにごともないかのように、平和に暮らしています。雪に覆われても、豚は元気です。

コメントを投稿する

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらくお待ちください。)




「彩の国黒豚」〜うまさへの3つのこだわり

【1】 品種へのこだわり
バークシャー種は体全体が黒色ですが、顔、四肢端、尾端が白い六白が特徴。大別するとアメリカ系とイギリス系に分かれますが、彩の国黒豚倶楽部では、バークシャー種の起源であるイギリス系原種豚にこだわりを持っています。黒豚は、筋繊維が細かく軟らかい。歯切れも良く、筋繊維間脂肪により肉しまりが良い等の高品質な肉質が特徴。販売にあたり、毎月抜き取りにてDNA遺伝子検査を実施、年に一度彩の国黒豚倶楽部全員を対象としてDNA遺伝子検査を実施しています。
【2】 飼料へのこだわり
味を良くする為に、いも類(キャッサバ・さつまいも)麦類を主体とした飼料で肥育。風味を良くする為に、仕上期において動物性原料は不使用。良質の脂肪を作る為に、とうもろこしの代わりにマイロを使用。バークシャー種の肉質のよさを引き出すために低エネルギー飼料で日数をかけてゆっくり仕上げている。
【3】 飼養管理へのこだわり
全農埼玉県本部と彩の国黒豚倶楽部で作成した黒豚飼育管理マニュアルに基づいた飼養管理を実施。一般豚(白豚)は出荷までの期間は約6ヶ月⇒彩の国黒豚は約8ヶ月かけて飼育。さらに彩の国畜産物生産ガイドラインに基づく豚房別の管理チェック表を記帳し、健康状態、衛生状態の管理をしている。




2015年01月26日 21:25に投稿されたエントリーのページです。
ひとつ前の投稿は「1838」です。 | 次の投稿は「1839」です。

Copyright © 2011-2013 HIBIKI-FOOD. All rights reserved.